家族ノカタチ ~香取慎吾と観月ありさ19年ぶり共演~

好調のTBS日曜劇場2016年1月クールは「家族ノカタチ」

ちょっと昔の日曜劇場を彷彿させる作風。
脚本が後藤法子というのは期待大。

そしてこの作品で一番意外だったのは
観月ありさが友情出演とはいえ出演していること。
観月ありさと言えば、主演作以外ほとんど出演しないことで有名。
出演しても、ゲストで連続ドラマの中の1話分に登場するくらい。
その観月ありさがなぜ登場したのか?

あと、香取慎吾と観月ありさは過去にも共演したことがあることを思い出した。
TBS金曜21時枠で1997年4月クールに放送された「いちばん大切なひと」
作品自体の詳細は覚えていないのだが、
主題歌「ジョン・レノン :(Just Like)STARTING OVER」と
タイトルバックだけは鮮明に覚えている。

さて、第1話。
後藤法子脚本の安定さと、懐かしいTBSドラマ風で、安心して見られた。
西田敏行がいることが大きい。
(主人公と家にいる様子から、「うぬぼれ刑事」をすぐに思い出したが・・・)
上野樹里も安定している。とにかく安定した作品。

気になるのは出演者過多なところ。
これだけのキャストをきちんと活かせれば楽しみである。

"家族ノカタチ ~香取慎吾と観月ありさ19年ぶり共演~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: