プロポーズ大作戦 最終回

「過去を嘆く今ではなく、今を変えようとする未来への意思」
っていうことが言いたかったんだろう「プロポーズ大作戦」。

はっきり言って最終回は、かっこつけすぎた演出過ぎて残念だった。
なんでもありの話だったはずなのだから、二人のハッピーエンドがベタに見たかった。
視聴者に想像させるには描きすぎだったことを考えると、このエンディングは中途半端だ。
なぜなら、視聴者に結末を委ねる必要がないのだから。

逆に言うと、多田のボタンを両方に持ったことは描かなくても良かったシーンである。
多田の気持ちは描いてほしいが、わざわざボタンだけのワンカット入れるのはいやらしい。

正直言って10話良くても最終回が・・・という作品になってしまった。
終わりよければとは、なかなかいかないということを改めて感じた。

評価は
☆☆☆☆☆☆☆★(7.5つ)
長澤まさみの演技力と表情は圧巻だった。
この作品の質を高めたのは、濱田岳以外何者でもない。
表情も体の表現の仕方も天下一品だ。
主役になれるビジュアルでないところが、より彼の価値を高めていることが面白い。

本当は☆を8個あげたかったのだが、ラストシーンの「どんだけ~」を聞いて★降格。
もっと下げても言いという位ひどい台詞。
見ていて恥ずかしすぎた台詞だった。

ただ、月9としては、久々に次が見たくなる作品であったことは評価できる。

"プロポーズ大作戦 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: