2018年07月05日

土曜ドラマ枠について思うこと


に続く第6弾。

土曜ドラマ枠自体は、
2017年1月クール「スーパーサラリーマン左江内氏」までは土曜21時。
2017年4月クール「ボク、運命の人です。」から土曜22時に移動。
ただ、枠移動後も数字は増加していない。

この2年半、9作品連続で平均視聴率一桁。

過去5年(20作品)平均二桁作品数
木曜ドラマ:17作品
木曜劇場:5作品
月9:11作品
金曜ドラマ:7作品
水曜ドラマ:15作品
土曜ドラマ:5作品

と以外にも木曜劇場並みの不振枠。
もちろんいろいろな事情があると思うが、
数字に厳しい日本テレビはこの枠よく辞めないよなぁ。

他の枠と比べて異なるのは、

①最高視聴率の回が圧倒的に初回が多い。
②最高視聴率が一桁台の作品が少ない。

41作品中31作品で初回が最も高い。
2013年10月クール「東京バンドワゴン」以外の40作品で9%以上を記録している。
これは、日本テレビの番組宣伝力が強いことと、企画は面白いという評価なのだろう。

その一方で、入り口がすべてで尻すぼみ現象が起き続けている。

確かに、
「ボク、運命の人です。」「ウチの夫は仕事ができない」「もみ消して冬」は、
前半部分は面白かった作品だったが、途中から勢いが落ちて、終盤盛り返してくる。
そのような印象が強い。

これは枠として大きな問題である。
企画が面白いだけに、思い切って5話1作品くらいの英断があってもいいのではないか。
放送期作品名平均視聴率最高視聴率最高視聴率の放送回二桁回数/
放送回数
18/04Missデビル8.2%9.6%初回0/10
18/01もみ消して冬9.8%13.3%初回5/10
17/10先に生まれただけの僕8.8%10.5%3回1/10
17/07ウチの夫は仕事ができない8.7%11.2%初回1/10
17/04ボク、運命の人です。9.6%12.0%初回1/10
17/01スーパーサラリーマン左江内氏9.6%12.9%初回4/10
16/10THE LAST COP8.3%9.8%4回0/10
16/07時をかける少女6.7%9.4%初回0/5
16/04お迎えデス。7.9%10.3%初回1/9
16/01怪盗 山猫10.9%14.3%初回6/10
15/10掟上今日子の備忘録9.8%12.9%初回5/10
15/07ど根性ガエル8.0%13.1%初回1/10
15/04ドS刑事9.3%12.7%初回4/11
15/01学校のカイダン9.3%10.6%2回・4回3/10
14/10地獄先生ぬ~べ~10.2%13.3%初回5/10
14/07金田一少年の事件簿Neo10.5%12.4%初回6/9
14/04弱くても勝てます9.9%13.4%初回4/11
14/01戦力外捜査官11.2%13.3%初回8/10
13/10東京バンドワゴン7.1%8.8%初回0/10
13/07斉藤さん212.4%15.5%初回9/10
13/0435歳の高校生13.3%15.1%3回10/11
13/01泣くな、はらちゃん10.2%12.9%初回4/10
12/10悪夢ちゃん11.5%13.6%初回10/11
12/07ゴーストママ捜査線10.9%15.2%初回5/9
12/04三毛猫ホームズの推理12.8%15.9%初回11/11
12/01理想の息子11.9%13.9%初回10/10
11/10妖怪人間ベム15.6%18.9%初回10/10
11/07ドン★キホーテ10.9%12.8%9回・最終回(11回)8/11
11/04高校生レストラン10.8%13.1%初回6/9
11/01デカワンコ13.3%15.8%最終回(10回)10/10
10/10Q1011.1%15.3%初回8/9
10/07美丘9.7%10.6%9回・最終回(10回)5/10
10/04怪物くん14.0%17.5%初回9/9
10/01左目探偵EYE8.3%10.7%最終回(8回)1/8
09/10サムライ・ハイスクール10.7%14.0%初回5/9
09/07華麗なるスパイ11.1%15.6%初回5/10
09/04ザ・クイズショウ12.1%14.6%最終回(10回)9/10
09/01銭ゲバ9.9%12.0%初回6/9
08/10スクラップ・ティーチャー11.5%13.3%5回8/9
08/07ヤスコとケンジ13.1%16.3%最終回(10回)10/10
08/04ごくせん22.8%26.4%初回11/11
posted by ようすけざん at 23:03
"土曜ドラマ枠について思うこと"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: