プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~改めて思うプロの厳しさ~



今回は、
が取り上げられた。

ソフトバンク城所龍磨は2018年日本シリーズのベンチにも入った選手。
福岡ソフトバンクホークス日本シリーズ制覇のわずか4時間後に
福岡ソフトバンクホークス球団から電話がかかったことを明かした。

同僚の松田宣浩とお好み焼きを食べているところだったらしい。
まさか、という思いだろう。
今年の福岡ソフトバンクホークスは、一気にベテランを戦力外にしたからな。

残念ながら、プロ野球選手として残ることはできず現役引退となった。
2018年12月22日には城所龍磨後援会によるファンミーティングも行われたようだ。

その城所龍磨後援会ホームページでも

先日2018年11月4日、城所龍磨選手が球団より戦力外通告を受けました。
城所選手本人は現役続行を望んでおり、現在他球団から声がかかるのを待ちつつ、
トライアウトも視野に入れて準備を進めている状況となります。
後援会としての今後の動きとしましては、現在検討中であり未定となっております。大変申し訳ありません。
続報がわかり次第、Twitterやホームページ上で情報を開示してまいりますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします。

それにしても、柳田悠岐など来年も現役を続ける選手などから
日本一の選手と言われるのはなかなかきつかっただろう。


"プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~改めて思うプロの厳しさ~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: