モップガール 最終回

「モップガール」について、しっかり書いていこうと思ったのだが
結局最終回まで各タイミングを逃してしまい最終回を迎えた。
はっきり言って、今クールの中で最も面白かったのは
「モップガール」と言っても過言ではない。
http://www.tv-asahi.co.jp/mopgirl/
裏を返すと、他のドラマが面白くなさ過ぎた。

で、何がいいのか・・・・・・
未知数だった北川景子の演技が完全にブレイク。
笑いまでを一気に習得できたあたりは、天才的な才能があるのかもしれない。
ひとつひとつの表情が豊かなのがかなり魅力的である。

はっきり言って、ドコモやCOFFRET D'ORのCMに出ている時とは全く印象が違う。
別人かと思う程である。

それにしても、コスプレも厭わず、変顔も厭わず、初主演作品を成功に導いたことは
今後の女優人生において相当な財産になるだろう。

実は、北川景子は「モップガール」がドラマ初出演ではないのだ。
2003年10月から2004年9月まで1年に渡って放送された
「美少女戦士セーラームーン」実写版で火野レイ(セーラーマーズ)を演じていたのだ。
意外な経歴である。
セーラームーンがあったからこその、「モップガール」での体当たり演技だったのかもしれない。

「モップガール」に戻ると、北川景子が良かったのも脇がきちんと固めていたからだ。
谷原章介、佐藤二朗、マギーがとにかく良かった。
テンポの良さは秀逸で「時効警察」にも勝る作品となった。

視聴率も平均で10%を確保したこともあり、続編もしくはスペシャル版の期待ができる。
北川景子の今後が楽しみである。

"モップガール 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: