2017年05月09日

あなたのことはそれほど 〜東出昌大がやっぱり冬彦さんに〜

「あなたのことはそれほど」第4話。
展開が早くて無駄がなくて見やすい。
いや〜東出昌大うまいなぁ。ほんと怖い。恐ろしいくらいに怖い。
そして、波瑠と鈴木伸之がほんと愛すべきバカ。
まだ、本領発揮していないであろう仲里依紗。
頑張っている大政絢も見逃せない。
応援し続けている黒川智花も絡んでほしいな。

もう「あなたのことはそれほど」は、不倫ドラマとかそういう見方をしていない。新境地。
第4話のラストはさすがにびびったな。

それにしても「あなそれ」って誰か呼んでいる??
あなたのことはそれほど コミック 1-4巻セット (フィールコミックス) - あなたのことはそれほど コミック 1-4巻セット (フィールコミックス) -
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

オタクィーーーンイングリッシュ! 〜シュールすぎて、ついていけないくらいくだらない〜

テレ玉で2017年4月9日にスタートした「オタクィーーーンイングリッシュ!」

この番組は
「オタク文化を題材に、
日本人も外国人も楽しくゆるく学べる教養バラエティ!!」
とのこと。

30分見てみたが、「学べる」点はどうでもよく、とにかくくだらなかった。
なかでも「翻訳朗読=ホン薬ロー毒」は秀逸。
「ウゴウゴルーガ」っぽい感じがした。
中山莉子の寝顔から思わず吹き出すところもよかった。
twitter上では「りったんの神寝顔」ってあった。

今後もゆるく見続けたい、くだらない番組だ。
posted by ようすけざん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

香川照之の昆虫すごいぜ! 〜大科学実験スタッフが協力してたのか!〜

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」の第2弾モンシロチョウが5月5日こどもの日にOAされた。
今回も前回のトノサマバッタ同様、香川照之の熱さ溢れる番組となった。

の記事が面白い。
この記事を読んでさすが、Eテレと思ったのは

人気シリーズ「大科学実験」のディレクターの知恵を借りました。
そんな風に、Eテレがこれまで積み重ねてきた理科番組や実験番組のノウハウをフル活用してできた番組です。

という点。クレーンを使うなんてどこかで見たな?と思ったら「大科学実験」だった。

第2弾放送にあたって、香川照之さんのコメント(全文)


Q.続編の実現をどう受け止めていますか?
僕はただ、本当に好きなことをやらせていただけただけなんですが、僕の周りでは、もはや、

香川照之と言えばこれ(カマキリのポーズ)になっていまして、大きな反響を感じています。
それを受けての第2弾ですが、とにかく、番組でまた普通に虫とりが出来るな、という喜びがすべてですね(笑)。それが一番です。

Q.モンシロチョウ回の見どころは?
(成虫になってから)10日しか生きられないはかなさもそうですが、胴体を触った時の、あのピクピクという感覚、あれは実際に触らないと分からないので、実際に昆虫を捕獲して、羽を触って、胴体を触った時に、ああ、ものすごく生きているなぁと。僕にとっては、今回、それがすごく新鮮でした。

モンシロチョウは春が来て最初に現れる昆虫です。だから、モンシロチョウを見たら、さぁ昆虫の季節がやってきたぞ、と。僕にとってはプレイボール! という感じですね。虫を捕る子どもが減っていますけれども、ぜひ、ご家族でこの番組を見て、みんなで昆虫をとってもらえたらうれしいです。

モンシロチョウは比較的捕獲するのは簡単ですが、その先にはもっと捕まえるのが難しいチョウもたくさんいて奥深い。まずは、モンシロチョウからハマッてみてください(笑)


ちなみに、今回の娘カマキリは前回の山内芹那に代わり新谷あやか。
昆虫が苦手だけど、という設定での登場は良いし、
表情・リアクションともになかなかかわいくて好感が持てたなぁ。

このかぶりものもなかなか似合っている。

だけど、モンシロチョウの羽ばたき実験時の「クレーンを使うの?」的な発言がいただけなかった。
なぜか。
それは前回のトノサマバッタ編でもクレーンは使っていたので、今回も使っておかしくないということ。
つまり新谷あやかは前回のVTRを見ていなかったから、そういう発言をしたということになる。
スタッフに「トノサマバッタ編見るな」と、言われるはずはないので見てほしかったなと思う。
そもそも、マネージャーが見せるべきなのだと思う。
posted by ようすけざん at 16:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

やすらぎの郷 〜やすらぎ体操の衝撃〜

「やすらぎの郷」のエンディングでいきなり始まった「やすらぎ体操」

NHKのテレビ体操のようなダンスだが、キャストが躍るっていう点では恋ダンスを意識した感じ。
最後の最後にはきっちり八千草薫まで踊っているんだからすごい。

それにしても、初回から投入せず5月5日第23回から。
これはなんでなんだろうか。

とにもかくにも、倉本聰やるな〜

「やすらぎ体操」ご覧になりたい方は、tverで。
posted by ようすけざん at 11:20| 東京 ☀| Comment(283) | TrackBack(0) | ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

関内デビル 〜加村真美に注目!〜

2000年10月から放送されていたtvk「sakusaku」が2017年3月31日で終了。
「sakusaku」の再放送枠の時間帯、
平日23:30〜0:00枠で新番組「関内デビル」がスタート。

出演者は、
「saku saku」の元“黒幕”菊谷宏樹ディレクター
ダンスロックバンド・DISH//の小林龍二
岩手県のご当地アイドルとして活動中に“1000年に2人目の美少女”と
話題になったらしい加村真美。

加村真美。確かにかわいい。
1993年1月12日生まれの24歳。もっと若く見えるなぁ。
特撮TVドラマ『鉄神ガンライザー』で姫神結役を演じているらしい。

「関内デビル」見てみたが、独特なテンポ。
加村真美は表情豊かでなかなかいい感じ。
3人のキャラクターが落ち着いて来れば、ゆっくりと楽しめそう。

この番組のおかげで、Q'ulleを知りました。
posted by ようすけざん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ボク、運命の人です。 〜金子茂樹脚本やっぱり好きです〜

日本テレビが土曜ドラマ枠を1時間後ろ倒しにして22時開始に。
その第1弾は、金子茂樹脚本、亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」

金子茂樹脚本では、「プロポーズ大作戦」「世界一難しい恋」がとにかく好き。
今回もその流れを受けた作品と考えられる。

ヒロインの木村文乃は髪型を変えて、イメージチェンジ。
大好きなのに一瞬誰だか分らなかった・・・
ちなみに、木村文乃と菜々緒は「A LIFE」に続く共演。

「ボク、運命の人です。」第3話。
スコアボードのくだり好きだなぁ。
あれを携帯番号に結び付けるって発想は他のドラマで見たことない。
”あかいといとう”というのも、ちょっとしたことだけどいい。

それにしても、木村文乃のかわいいさが群を抜いている。

posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ウチの夫は仕事ができない 〜キャスト良しだが、脚本が・・・〜

日本テレビの2017年7月クールの土曜ドラマは
渡辺千穂脚本、錦戸亮主演「ウチの夫は仕事ができない」

主演が錦戸亮で、ヒロインが松岡茉優なんて最高のキャスト!かと期待にしたら
脚本が残念なことに渡辺千穂。
「べっぴんさん」で朝ドラという貴重な枠を半年間、
伸び盛りの貴重な女優芳根京子を9か月にわたって無駄遣いした脚本家である。

ちなみに「べっぴんさん」の前も、「戦う!書店ガール」でプライムタイムで3%台を連発し
打ち切りになっている。

う〜ん、本当に期待できない。

ただ、日本テレビの連続ドラマは初のようなので、
4名のプロデューサー陣(西憲彦、小田玲奈、鈴木香織、森雅弘)の手腕に期待したい。
本当によろしくお願いします。
posted by ようすけざん at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年7月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 〜衝撃の重すぎるラスト〜

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第4話。
ホームページを見るとこんな記事が

一足早く、完成した第4話を見た小栗さんと西島さんも内容に太鼓判を押した。
小栗さんは「僕は第4話を5回くらい見ました!」と、繰り返し作品を堪能したことを明かしたうえで、
「この第4話は見ないと損します!」とアピール。
西島さんもこれまでとは違った感想を持ったようで、「僕は、第4話を見て本当に泣いてしまいました。」と、
孤独な研究者・有馬と国家の陰謀にまつわるストーリーに、思わず涙したことを明かしました。

とあり、一瞬「これは見なくては!」と思いつつ、
「カインとアベル」のひどい煽りを受けてからはフジテレビ系の言うことは信用していない。
でも、これ本当だった・・・見てよかった。

ラストでの小市慢太郎、小栗旬、野間口徹のシーンはなかなかのもの。
結末は確かに衝撃的で、重すぎたが、見ごたえがあった。
この時代にこの内容をゴールデンタイムで描くにはなかなか難しかったのではないか。

ただ衝撃的だったから推すわけではなく、
小栗旬と野崎萌香のバーでのシーンが、中盤・ラストできっちりと効いていて好きなのだ。

ここからは、野崎萌香にも注目だ。

posted by ようすけざん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

岐阜にイジュー! 〜ありそでなかった移住促進連ドラ〜

メーテレ開局55周年記念番組が「岐阜にイジュー!」

ドラマの舞台は岐阜県白川町。
https://www.town.shirakawa.lg.jp/forms/top/top.aspx
「白川郷じゃないよ、白川町だよ」というコピーはなかなか面白い。
そして、移住促進は少子高齢化の日本にとって喫緊の課題のはず。
こういったドラマを通じて、”都会でなくてもいい”の選択肢が増えればよいと思う。

主演は、柳英里紗と水崎綾女。
まだ第1話だが何か化けそうな雰囲気はある。
ちょっと楽しみ。

この作品メーテレなので、東京では見られない。
と、思いきや便利な便利な「民放公式テレビポータルTVer」で。
で。
posted by ようすけざん at 01:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

#セルおつ 〜岡本あずさが元気で何より〜

#セルフブランディングおつかれさまです。
略して
「#セルおつ」がABC(朝日放送)で1話完結、全3話で放送。

第1話の主演は岡本あずさ。

久々の岡本あずさ。
私の知っている岡本あずさは
東京少女 岡本あずさ(2008年11月1日〜29日)
恋とオシャレと男のコ(2009年4月4日〜6月27日)
ケータイ刑事 銭形命(2009年7月4日〜9月26日)
の16・17歳で止まっていたので、24歳の彼女を見て見て驚いた。
きれいはきれい。だけど、ちょっと特徴がなくなっちゃった感じがして残念。

ドラマ自体は、三四郎二人のやり取りがちょい面白いくらい。
次回も、東京少女つながりなのかわからないけど、山下リオ。
これは見てみよう。
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする