2019年01月15日

私のおじさん ~月曜ドラマランドを髣髴させる岡田結実の演技~

テレビ朝日金曜ナイトドラマ2019年1月クールは

第1話を見たが、とにかく昭和。
「HOTEL」を見ているような懐かしさ感。
一周回っておもしろいということなのか。
でも全く新しさがない。

ひとつだけ新しさがあると言えば、岡田結実
それだけ。
うまいかどうかではなく、とにかく頑張っている。

「月曜ドラマランド」を見ていると思えば、満足感であふれる。

スタッフが古いかと思ったらそんなことはない
脚本は、連続ドラマ単独執筆初の岸本鮎佳
プロデュースは「おっさんずラブ」で注目された貴島彩理。

あえて狙っているということなんだろう。
それにしてもちょっとずれている。

ちっとも面白くない。見ていると悲しくなっていく。
それは、メリハリがうまくついていない脚本であり演出になっているから。
話がなんとなく暗いので岡田結実がかわいそうでない。
というより、かわいそうが際立たない。
だから、しずんだままの1時間ということになっている。

遠藤憲一も大変そう。
申し訳ないように演技していて悲しくなる。

明るいテイストを意識してほしい。

ちなみに、貴島彩理プロデューサーの父親は、貴島誠一郎プロデューサー。
「おっさんずラブ」に関する記事でその話題も見られる。

posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

グッドワイフ ~常盤貴子は良いけど、心配は篠﨑絵里子の脚本~

2019年1月クールの日曜劇場は
アメリカCBS制作 篠﨑絵里子脚本 常盤貴子主演「グッドワイフ

常盤貴子の連続ドラマ主演は「ロング・ラブレター〜漂流教室〜」以来。
実に17年ぶり。
常盤貴子の主演・ヒロイン出演の連続ドラマは以下の通り。(太字が主演)
作品名放送開始最高
視聴率
平均
視聴率
二桁回数/
放送回数
制作局
カミング・ホーム1994年7月---TBS
愛していると言ってくれ1995年7月28.1%21.3%12/12TBS
みにくいアヒルの子1996年4月21.1%17.2%11/11フジテレビ
真昼の月1996年7月23.2%--TBS
ひとり暮らし 1996年10月---TBS
理想の結婚1997年1月-19.7%-TBS
最後の恋1997年7月20.4%16.8%11/11TBS
めぐり逢い1998年4月20.7%16.7%12/12TBS
タブロイド1998年10月16.1%13.6%10/10フジテレビ
美しい人1999年10月22.7%16.6%10/10TBS
ビューティフルライフ2000年1月41.3%32.3%11/11TBS
カバチタレ2001年1月21.4%19.3%11/11フジテレビ
ロング・ラブレター〜漂流教室〜2002年1月17.9%16.4%11/11フジテレビ
グッドライフ2019年1月---TBS

視聴率が分かっている作品を見ると、すべて平均が15%を超えている。
そして全話二桁視聴率という安定さ。

その中で、「グッドライフ」初回の視聴率は10.0%。
厳しい船出である。

確かに厳しい内容だった。
常盤貴子も変わらず良いが、小泉孝太郎が素晴らしい。

なのになんだかテンポが悪い。
それは脚本の力不足と、演出と枠のミスマッチではないだろうか。

なぜ、そんなこと言うのか、それは
脚本は「まれ」で醜態をされしてしまった篠﨑絵里子が脚本担当だということ。

「まれ」は、連続ドラマ小説で駄作と呼ばれる
「純と愛」「べっぴんさん」「わろてんか」
をさらに下回るワースト作品。
土屋太鳳が哀れでならなかった。

いくらアメリカCBSでの原作があるとはいえ、その篠﨑絵里子脚本である。
TBSは、よくこの日曜劇場の大事な枠を任せたものだ。

塚原あゆ子演出の魅力はよく分かるが、日曜劇場のチーフ演出は今回初。
(「ナポレオンの村」で1話のみ演出)
日曜劇場テイストも取り入れていく必要があるのではないか。
そこに課題があると感じる。

第1話で話の方向性は理解した。
第2話で「グッドワイフ」の真意が分かる。今から楽しみである。
posted by ようすけざん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

ベトナムのひかり -ボクが無償医療を始めた理由- ~後藤法子脚本と濱田岳が服部匡志医師の半生を見事に描いた~

NHKで2019年1月12日放送された

何の話か?タイトルから興味が湧いた作品である。
ベトナムで15年以上にわたって、無償医療を続けている眼科医がいます。名前は服部匡志 医師。
四年浪人という苦学の末、医大に合格、その後、スキルを積み上げ、30代で内視鏡を使った網膜手術では比類ない腕前となった彼は、ひょんなことからベトナムで無償医療を行うことに・・・。
ひと月のうち半分は日本でフリーの眼科医としてお金を貯め、あとの半分はそのお金をベトナムの医療につぎ込み、ベトナム各地で手術を行う・・・。
そんな彼のモチベーションは、亡き父の言葉でした。 「人は人を助けるようにできている」
今ドラマでは、彼の実話を基にしながら、エンターテインメントな物語に再構成し、主人公・羽鳥志郎が「医者の仁」を体現し、実践するまでの姿を描いていきます。
日越外交関係樹立45周年を迎える本年、国や人種を越え、お互いに助け合う大切さを伝えるドラマをお届けします。

情熱大陸」にも、2006年4月9日に取り上げられていた。

眼科医・服部匡志、42歳。
服部は病院に席を置く勤務医でもなく、開業医でもない。「フリーの医者」なのだ。北は盛岡、南は鹿児島へと全国どこへでも足を運び、白内障手術や最先端の内視鏡を駆使して糖尿病網膜症や網膜はく離の手術をする。そして、服部にはもう一つの顔がある。ベトナムで活躍する「赤ひげ先生」だ。日本で使用している内視鏡をベトナムに持ち込んで、独自の技術を駆使し、難治性の網膜はく離などで失明している多くの患者たちを救う医療活動を4年にわたって行っている。ベトナムではまだまだ経済的に厳しい地域が多く、医師も少ないため病院で治療を受けられずに失明する人々が後を絶たない。たとえ病院に行ったとしても手術費の200~300ドルを払うことができずにあきらめてしまうケースが多い。服部はそんな患者たちから治療費をもらわず、日本で稼いだお金を使って手術をすることもしばしばだという。「患者は家族と思え」が服部の口癖。言うだけならたやすいが、それを実行できるのはなぜなのだろうか。

特定非営利活動法人 アジア失明予防の会
http://www.asia-assist.or.jp/

服部匡志の経歴が素晴らしすぎるので
下手な人がドラマ化すると安っぽく、単なるお涙頂戴になってしまう。

その服部匡志の素晴らしい経歴を、
後藤法子が見事に脚本化し、本木一博が非常にクリアに演出した。
字幕の入れ方・タイミングも違和感がなくて見やすかった。
そして濱田岳が、服部匡志の誠実さを、誠実に描いた。

濱田岳のインスタグラムの写真がそれを物語っている。

濱田岳本当に素晴らしい役者だ。
とにもかくにも、期待を大きく超える素晴らしい作品であった。

”朝日新聞 ひろば”の下記コラムも必読である。

それにしても、フォンチーが出ていて嬉しかったな。
posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

スキャンダル専門弁護士 QUEEN ~キャラクター監修バカリズムは活きるのか?~

2019年1月クールの木曜劇場は

竹内結子主演は6年ぶり。
竹内結子の主演・ヒロイン出演の連続ドラマは以下の通り。(太字が主演)
作品名放送開始最高
視聴率
平均
視聴率
制作局
あすか1999年10月
27.6%24.4%NHK
スタイル!!
2000年10月10.5%7.3%テレビ朝日
白い影2001年1月23.8%20.3%TBS
ムコ殿2001年4月17.5%15.3%フジテレビ
ガッコの先生2001年10月17.1%14.4%TBS
ランチの女王2002年7月
21.9%19.1%フジテレビ
笑顔の法則2003年4月19.1%13.3%TBS
プライド
2004年1月28.8%25.2%フジテレビ
不機嫌なジーン2005年1月18.2%14.3%フジテレビ
薔薇のない花屋2008年1月22.4%18.6%フジテレビ
夏の恋は虹色に輝く2010年7月15.7%12.4%フジテレビ
ストロベリーナイト2012年1月16.9%15.4%フジテレビ
ダンダリン 労働基準監督官2013年10月
11.3%7.5%日本テレビ
A LIFE〜愛しき人〜2017年1月16.0%14.5%TBS
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
2019年1月--フジテレビ

竹内結子がすごいのは、主演もしくはヒロインで出演した作品のなかで、
「スタイル!!」「ダンダリン 労働基準監督官」以外で
1回も一桁視聴率を記録していないということ。

つまり「ダンダリン 労働基準監督官」がはじまるまでは、
竹内結子主演作では1回たりとも一桁を記録していなかったということだ。
それが残念ながら「ダンダリン 労働基準監督官」で初めて1ケタを記録するどころか、
「anone」が2018年1月クールで下回るまで、水曜ドラマ枠平均視聴率で最低を記録していた。

竹内結子はうまい。確かにうまい。
「ランチの女王」「不機嫌なジーン」は傑作だ。
竹内結子は、役に恵まれ、役を活かしてきた女優だ。

さぁ、今回の「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」はどうなるか。
正直、第1話の出来では初回は二桁はいけそうだが、3回目あたりから厳しそうだ。

なぜか。
それは簡単だ。
次回を見たいと思わなかったから。

スキャンダル専門弁護士という切り口は面白いと思うんだが、もったいないな。
これだけ1話にパンチがないのは厳しい。

脚本家 倉光泰子を育てたいフジテレビ。
フジテレビが脚本家を育てたい気持ちはとても評価している。

それでもキャラクター監修をバカリスムにさせてしまう。
これは倉光泰子にとってあまり気持ちいいものではないだろう。
バカリズムの能力はもちろんわかるが、
なんでそんなことさせるのか。
posted by ようすけざん at 01:45| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

レ・ミゼラブル 終わりなき旅路 ~浜田秀哉脚本が素晴らしかった~

フジテレビ開局60周年特別企画として放送された
浜田秀哉脚本 ディーンフジオカと井浦新のW主演

率直な感想は、こんなにも見応えのある作品を作れるじゃないか、
フジテレビ本当にいつも真剣に作ってほしい、って。

とにかく、浜田秀哉脚本と並木道子演出がばっちりはまった。
そして、ディーンフジオカと井浦新が好演。
3時間という長丁場がアッという間だった。

最も印象的だったのは、金子ノブアキと長谷川京子の恐ろしさ。
「まごころHOUSE」という名称とは裏腹の行為。
憎たらさすぎた。

金子ノブアキと長谷川京子の演技で
メリハリが効いたといっても過言ではない。
金子ノブアキも好きな俳優の一人。

山本美月、清原果耶というキャスティングも絶妙。
優しそうな二人が、辛い境遇というのが見ているものを引き付けた。

欲を言えば、福田麻由子の活躍をもう少し見たかった。

ストーリーは、3幕に分かれていた。
詳細は、ホームページから。

【第1幕】の舞台は平成3年(1991年)~平成7年(1995年)の神戸。ある日、殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡ります。2年前、17歳の少年・馬場純が正当防衛の末、殺めてしまった相手は、母・結子を騙(だま)して全財産を巻き上げた男・斎藤太。病気の弟の手術費を稼ぐためアルバイトに精を出していた純でしたが、刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまいます。ある日、弟が危篤であることを聞かされた純は思わず脱走。けれども弟はすでに死亡していて…。絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始めます。そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会うのですが…。もう一人の主人公は純が殺めてしまった男・斎藤の一人息子・斎藤涼介です。悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者遺族のはずがまるで加害者家族の様な報道被害にあってしまいます。そんな中、平成7年に起きた阪神・淡路大震災。未曾有の大震災が二人の少年の運命を大きく変えることに…。

【第2幕】は平成16年(2004年)の東京を舞台に、

【第3幕】は平成30年(2018年)の福島が舞台です。
二人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純と、純を追いかけ続ける涼介、そしてついに対峙する二人の男。30年にわたる長い旅路に打たれる衝撃的な終止符が描かれます。彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光は、そこにあるのか…。感動のクライマックスにご期待下さい。
posted by ようすけざん at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

トレース ~なぜ、”科捜研の男”というサブタイトルをつけたのか~

2019年1月クールの月9は
古賀慶原作 相沢友子脚本 錦戸亮主演「トレース ~科捜研の男~


正直期待していなかったのだが、きちんと力が入っていて作られた作品だった。

そう考えると、
SUITS
って何だったんだろう、と本当に思ってしまった。

本当にひどかった。
キャスティングだけ力入ってたな。
鈴木保奈美もせっかく出たのにな。

SUITSのことはもう忘れよう。

私が絶対的に信頼している俳優の一人錦戸亮。

今回もさすがである。
ちょっと表情の演技が微妙かなと思うところがあったくらい。

そして、安定している船越栄一郎に対して、新木優子の初々しさもいい。
いきなりトイレに行かせるというのは、どういう意図があったのか
1話だけを見ていてはよく分からなかった。

意外だったのは、サスペンスイメージのなかった
相沢友子が脚本を執筆しているということ。
ただ、2002年執筆「恋ノチカラ」のイメージから
更新されていないというのが正直なところ。

第1話で注目すべきは、被害者役を演じた菅野莉央
どこかで見たことあるなぁ、と思って調べたら

ギアゴーストのエンジニアで、
伊丹が持っていた買収の書類を見てしまった役。確かにシーンは思い出した。


と、インタビュー記事もあった。アミューズさすがって感じ。

第2話で凍死と判断されたミケ役。
これも覚えている。

もう少しアミューズの力で出てほしい女優だと感じた。

それにしても月9じゃないな。
木曜劇場枠がベストだったと思う。
posted by ようすけざん at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

金メダル男 ~テレビで見るなら大満足~

ウッチャンナンチャンの内村光良原作・脚本・監督・主演「金メダル男


この「金メダル男」は、2011年に上演された内村光良の
1人舞台「東京オリンピック生まれの男」を映画化したもの。

実際「東京オリンピック生まれの男」をサンシャイン劇場で見た。

その記事は以下のとおり。

正直、舞台の方が圧倒的に面白かった。
あの舞台上のウッチャンの様子を、今でも覚えている。
ウッチャンのすごさに震えた。
サンシャイン劇場の広い舞台が狭く感じるほどの作品だった。
見て、パワーをもらった。
見てよかったと、心から思った舞台だった。

だから、「東京オリンピック生まれの男」が原作と聞いて
期待しすぎてしまったのかもしれない。

ただ、テレビでウッチャンワールドを2時間近く見られたことを考えると
金メダル男」も面白かった。
まぁ、とにかくチョイ役キャストが豪華だった。

全体的に盛り上がりがなくて、笑える部分も小笑いがちりばめられた感じ、
だから作品にメリハリがなくて、108分が長いと感じてしまった。
そして全体的に暗さが先行していたように思えた。

挫折のマイナス部分が、それ以外のプラス部分で相殺できぬまま
だったからだと思う。

コメディにもっと振るべきだった。
ラストも、ふり幅が小さいので感動できず、
感動の押し売りになったことを否めなかった。

一番面白かったのは、オープニングの出川哲朗のくだり。
盛り上がったのは、木村多江とのダンスかな。

映画「金メダル男」を見て、
改めて
posted by ようすけざん at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 映画全般 | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

集団左遷!! ~福山雅治×日9の主 7年連続日曜劇場出演香川照之~

2019年4月クールTBS日曜劇場は
江波戸哲夫 原作 いずみ吉紘 脚本 福山雅治主演「集団左遷!!」(仮)

原作は、2019年1月16日に発売される「新装版 銀行支店長」「集団左遷」。

福山雅治のTBS出演は、
1998年4月クール常盤貴子主演 金曜ドラマ「めぐり逢い」以来。
それ以降の連続ドラマ出演は、NHKかフジテレビのみ。
これは不思議なことである。

なぜなら福山雅治と言えば、「愛はどうだ」「ホームワーク」の


TBS2作品が出世作だと思っているからだ。
21年ぶりのTBS作品での活躍が今から楽しみである。

そして、「集団左遷!!」には日曜劇場の主とも言える香川照之が出演。

なぜ主か、

新参者(2010年4月~)※ゲスト
南極大陸(2011年10月~)
半沢直樹(2013年7月~)
流星ワゴン(2015年1月~)
小さな巨人(2017年4月~)
集団左遷!!(2019年4月~)

ということである。
香川照之は、「半沢直樹」以降毎年1作品必ず出演している。
ご存知の通りいずれの作品も高視聴率となっている。

香川照之が出ているから高視聴率
高視聴率の作品にいつも出ている香川照之

のどちらが先かという話にはなるが、
日曜劇場枠には欠かせない存在ということは間違いない。
それくらいの安心感と安定感である。

その香川照之を擁し、日曜劇場枠の「集団左遷!!
ポイントは福山雅治が、イメージと全く違う

理不尽なことだと分かっていても、飲み込んで、我慢して、
「会社で生き残るためだ」そう考えている“the サラリーマン”。
だが、部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に熱い男でもある。

を、吹っ切れて演じられるか、である。
本当に今から楽しみである。
posted by ようすけざん at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

罠師 -片桐邦雄・ジビエの極意- ~こだわりの肉が通販でも購入できる!!~

平成30年度日本民間放送連盟賞テレビ部門 グランプリを受賞したのが


2019年1月5日にTBSで放送された。


ジビエとは、

野ウサギ、シカ、イノシシなど狩猟で捕獲された食肉

のこと。

片桐邦雄は、秋冬は野山を巡り、シカやイノシシを捕えている。
そしてその捉えた動物たちを食として提供すること
中心に描いた作品である。

片桐邦雄は、鉄砲で殺傷するのではなく、手作りの罠を仕掛け、
素手で生け捕ることにこだわりを持っている。

日々罠を仕掛けた場所に獣がかかっていないかを巡っている様子、
野生のイノシシの仕留め方
そのイノシシのさばき方などなど。

とにかくすべての行動に衝撃を受けた。

特に、罠にかかった野生イノシシを生きたまま車に乗せる姿は
息が止まるほどの映像だった。

その片桐邦雄が経営しているお店が



ぜひ一度は行ってみたい。
場所は、
天竜浜名湖鉄道 天竜浜名湖線「二俣本町」駅より徒歩7分

東京から行くなら、東海道新幹線で東京から掛川まで行き、
そこから天竜浜名湖線で掛川から二俣本町へ。

東海道新幹線の乗車時間は約1時間40分で、運賃・自由席特急券は7,340円。
天竜浜名湖線の乗車時間は約1時間で、運賃は700円。
往復16,080円。

何か近くまで行くことがあれば絶対行きたい店である。

我慢できない場合は、通販も展開している。


と様々。
だが残念ながら、売り切れがほとんど。

ブログは

ホームページに掲載されている番組内容は以下の通り。

秋から冬にかけての狩猟期間中、日々、片桐邦雄さんは100㎞近く野山を巡ります。シカやイノシシの気配を落ち葉や泥の痕跡から探り、「ウツ」と呼ぶ獣道に罠を仕掛け、ひたすら野生のけものと対決する毎日です。

45年に及ぶ罠師の経験は、片桐さんに研ぎ澄まされた感性とストイックな生活を与えました。感覚が研ぎ澄まされた野生のけものは、「ウツ」の異変や罠を一瞬で見抜きます。そのけものと対峙するためには、己の気配を消す。酒やタバコはやらず、整髪料やクリームはもとより入浴剤の使用も御法度です。仕事着はシーズン中、一度も洗わず、罠には餌を撒かず…。餌を食べた瞬間から野生は「家畜」になると考えるからです。

イノシシは、成獣になると80㎏以上に及びます。罠にかかり前足が拘束されていても飛びついたり暴れたりするため、捕獲は命がけの戦いです。まず走力や踏ん張りを無くし、視界をテープでふさぎます。銃を使わず罠猟で生け捕りにするのも、捕えた獲物に目隠しをして恐怖心を和らげるのも、すべては大事な命をより良い状態で頂くためなのです。

捕えた獲物を解体するときは、片桐さんが「罠師」から「料理人」に変わるときでもあります。獲物のストレスを最小限にするため、鑓の一突きで命を絶ち、食材に変えていきます。けもの肉は命を絶たれた瞬間から酸化が始まり腐敗の道を辿ります。素早く血抜きをし、全ての部位を処理することで「余すことなく美味しく食すること」ができるのです。これこそが、獲物への最大の感謝だと片桐さんは信じます。 番組は、自然への敬意と鮮やかな技、ジビエ料理の極意に迫ります。ひとり野山に入り、けものと対等な視線で命をやりとりする片桐さんの生き方が、都市で暮らす私たちが忘れかけた「いただきます」の意味を思い出させてくれるでしょう。
posted by ようすけざん at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする